SNS集客をするときにまず考えるべきたった1つのこと

SNS集客

SNS集客をするときにまず考えるべきたった1つのこと

あなたはFacebookは活用していますか?

ブームがLINEやInstagramに移ったと言われて久しいですが、

正直言ってFacebookはまだまだ使えるメディアです。

一部の新しもの好きな、流行に敏感な人々は
もちろんいま一番勢いのあるSNSを使いたがります。

今だったらInstagramですね。
(知らない方は「インスタグラム」で検索してみましょう)

とはいえそれは、一般ユーザーの話です。

我々経営者は、ビジネスで使うことを考えなければなりません。

ビジネス用途でSNSを使う

集客をしたくて「いま何が流行っているのか」
ということを聞かれる経営者は多いですが、

マーケティングを考えるときに
「世間の流行りが何か?」というのは本質ではありません。

あなたのお客になるターゲット層(見込み客)は
どこにいるのか、何を使っているのか?
と考えるべきですね。

ターゲットが集まっているところに広告を投入するのが基本です。

ですから、Instagramに高級腕時計だとか住宅だとかの
広告を出しても売れないでしょうね。

Instagramのメインユーザーは10代〜20代の若年層です。

対してFacebookは、ブームは過ぎたと言われて久しいですが、
依然として35歳以上の層の利用率は高い傾向にあります。

また、経営者層の利用率が高いのもFacebookの特徴です。

SNSは有効だがしかし…

と聞くと、BtoBの企業は
「じゃあFacebookをやればいいのか!」
となるわけなんですが…。

はっきり言います。

世間の8割以上の企業はSNSの使い方を間違えています。

というか、そもそもなんのためにやっているのかわかりませんし、
本人もわかっていないんだろうなと感じます。

なんとなく「面白かった記事をシェア」とか

「心に響いた名言的文章を書く」とか

ましてや「単なる社長の日常」とか

それは何を目的としてやってるんだ?ってことです。

なんのためにSNSをやるのか?

本当にSNSで集客をしたいなら、
戦略がないと無意味です。

SNSをやっている時間が無駄になってしまうんですよ。

では、「SNS戦略」とはどういうことか?

まず、あなたがビジネスでSNSをどのように
役立てたいのか考えてみてください。

概ね、次のうちどれかじゃないでしょうか?

  1. とにかく目立ちたい
  2. 自社やサービスの認知度を向上させたい
  3. 集客したい、または集客につなげたい

やっぱりこれだ、と思うものはありましたか?

続きはまた次回!
→SNSで「認知度アップ」の正しい考え方

Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞るWeb集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る前のページ

SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方次のページSNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選

    Webマーケティング

    ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選

    ブログ記事はたくさん書いて、一定の分量を確保することが、Web検索で“…

  2. 読みやすいブログ記事を書く5つのポイント

    Webマーケティング

    読みやすいブログ記事を書く5つのポイント

    ブログ記事を書くことは大事ですが、どんなに良いことが書いてある記事でも…

  3. インターネットにも広告費をかけていますか?

    Webサイト集客

    インターネットにも広告費をかけていますか?

    「Webサイトを作ったけれど、全く売上につながらない」とお悩みの中小企…

  4. Web集客のためのブログ記事キーワードの選び方

    Webマーケティング

    Web集客のためのブログ記事キーワードの選び方

    ブログ記事を書く目的は、Webの検索で見つけてもらうためです。その…

  5. 情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

    Webマーケティング

    情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

    あなたは、文章を書くのは得意ですか?「苦手!」と答える人は実に…

  6. サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする

    Webサイト集客

    サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする

    最近はFacebookやTwitter、InstagramなどのSNS…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である

    マインドセット

    忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である
  2. Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    Webマーケティング

    Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る
  3. 店舗のWebサイト・ホームページはキャッチコピーが大事

    マーケティング・セールス

    店舗のWebサイト・ホームページはキャッチコピーが大事
  4. 教室ビジネスの新規生徒集客に必要な3つのステップ

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスの新規生徒集客に必要な3つのステップ
  5. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

    コミュニケーション

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例
PAGE TOP