SNSを使って本気で集客する場合の正しい考え方

SNS集客

SNSを使って本気で集客する場合の正しい考え方

前記事「SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方」の続き

あなたはビジネスでSNSをどのように役立てたいでしょうか?

という質問に対して
「集客したい、または集客につなげたい」

と考えるあなたに向けてです。

SNSでの集客は一切考えてない、という方はこの記事は読まなくてかまいません。

3,集客したい、または集客につなげたい

前回の繰り返しになりますが、
FacebookなどSNSにいくら投稿をしたところで、
新規客が来るわけではありません。

既存顧客とのつながりを深め、
信頼を獲得するために使うのが正しい使い方です。

しかし、そこさえできていれば、
実は新規客を獲得することも可能になってきます。

SNSの特性の一つは「拡散」されることです。

もしあなたのお店やサービスの記事をシェアしたり、
いいね!をつけてくれたりするユーザーがいたら?

そうすると、そのユーザーの友だちにも、
あなたのビジネスの情報が目に入るという仕組みになっています。

既に友だちになっているあなたのビジネスのお客さんが、

いかにあなたのビジネスを拡散してくれるか。

これが、SNSで新規客を獲得できるかどうかの分かれ目です。

これができているところは、

意図的にシェアをさせたり、
いいね!を押させたりする仕掛けをちゃんとしています。

たとえば飲食店なら、
「シェアしてくれたらドリンク1杯無料」
とかが典型ですね。

このやり方の良いところは、
単にあなたが自分のビジネスを宣伝するというだけでなく、

シェアしてくれたユーザーの信用を借りる形でその友だちにリーチできるというところです。

ある意味、紹介に近い形であなたのビジネスを宣伝できます。
(経営者なら「紹介」は大好きですよね?)

自分の投稿がどういう導線を辿って、
見込み客のもとへ届くのかを想像して投稿を書きましょう。

合わせて、必要な仕掛けをしましょう!

こういう仕掛けを地道にやっていくと、
あなたのビジネスは本当に繁盛します。

特に店舗ビジネスには有効です。

目に見えやすいサービスであることと、
(SNSはビジュアルが大事!)

ほとんどの競合が間違ったやり方をしているからです。

差別化するなら今!ですよ。

SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方前のページ

経営者がビジネスの「仕組み化」を考え始めるとき次のページ経営者がビジネスの「仕組み化」を考え始めるとき

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイト集客

    デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  2. Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    Webマーケティング

    Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    ブログ記事を書くときの注意として、「1ページ1ゴール」ということを意識…

  3. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    Webマーケティング

    ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    あなたが書いたブログ記事を読んでもらえるかどうかは、タイトルで決まりま…

  4. インターネットにも広告費をかけていますか?

    Webサイト集客

    インターネットにも広告費をかけていますか?

    「Webサイトを作ったけれど、全く売上につながらない」とお悩みの中小企…

  5. SNS集客をするときにまず考えるべきたった1つのこと

    SNS集客

    SNS集客をするときにまず考えるべきたった1つのこと

    あなたはFacebookは活用していますか?ブームがLINEや…

  6. アクセスを稼げば売上アップにつながるのか?

    Webサイト集客

    アクセスを稼げば売上アップにつながるのか?

    自社のWebサイトを作った場合、まずアクセスを集めることを考えると思い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. アメブロなど無料ブログサービスの商用利用禁止について

    Webマーケティング

    アメブロなど無料ブログサービスの商用利用禁止について
  2. 忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である

    マインドセット

    忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である
  3. 何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    マーケティング・セールス

    何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?
  4. ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?

    Webマーケティング

    ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?
  5. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要
PAGE TOP