教室ビジネスにもマーケティングが必要

マーケティング・セールス

教室ビジネスにもマーケティングが必要

「良い授業をしていれば必ずこの教室はお客さんに認められる」
「良い先生が揃っていれば必ず教室は繁盛するはず」

こう考える教室オーナーさんは多いようです。
あなたもきっとその一人でしょう。

もちろん授業を良くすることは大切です。
良い先生がいることも重要です。
そうでなければ生徒にも認めてもらえないでしょう。

このような考え方は教育業界に限りません。

日本企業の多くが陥っている罠なのです。
そう、「モノづくり信仰」と同じです。

有名な例は携帯電話です。
かつて日本メーカーの作る携帯電話は、機能も品質も世界トップレベルでした。
しかし世界市場では全く売れませんでした。

さらにはAppleによるiPhoneの登場で、国内市場でも”スマホ”に駆逐されました。

日本メーカーが技術に溺れ、マーケティングをないがしろにした結果でした。

とにかく技術や機能を追求するところ、「職人肌」なところは日本の良いところです。

しかしお客さんが何を求めているかを知ること、つまりマーケティングを無視しているのです。

本当に生徒が欲しいものはなに?

教育ビジネスでも「とにかく質の高い授業を」とだけ考えて、何が求められているかを見失っていないでしょうか

そもそも誰のために良い授業を提供するのか、誰が「良い授業」と感じるのでしょうか。

決めるのはお客である生徒です。
であれば、生徒が求めるものを提供すべきです。

あなたも自分の教室が提供する教育サービスには自信があるでしょう。
しかしそれを自己満足で終わらせてはいけません。

そうならないためには、マーケティングの知識が不可欠です。

やらないと損!Web集客をしましょう

ところが教育サービス業界にはいわゆる「営業」が得意な人があまりいません
相手は「お客様」ですが、こちらは「先生」ですから、お願いして入ってもらうようではステータスが下がってしまいます。
また対象生徒が未成年だと、実際にサービスを受ける人とサービスにお金を払う人が違います。
そういった教育サービス業界の特殊性もあり、生徒集めの段階でつまずくことが多いわけです。

それでもこれまでは、チラシを出せばなんとか集まってきた。
でも最近、チラシや紹介に頼った集客に限界を感じる…

もちろんこれらは欠かせない販促手段です。

しかし誰もがスマホを1台ずつ持つ時代。
やはりネットを無視できなくなっている

そう感じたあなたに、まずはネット集客の全体像を知っていただきたいと思っています。
そして、ネット集客に真剣に取り組んでみてほしいのです。

売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告前のページ

自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性次のページ自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 小さくても、無名でも、地域No.1の店舗を目指すには

    マーケティング・セールス

    小さくても、無名でも、地域No.1の店舗を目指すには

    あなたのお店が「地域No.1を目指す!」オーナーの夢ですよね。…

  2. Web集客も基本はお客さんとのコミュニケーション

    マーケティング・セールス

    Web集客も基本はお客さんとのコミュニケーション

    Web集客は少ない予算で成果を出せることが魅力です。それには、一人…

  3. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    今日はつまらない話をします!やっぱり基本が大事じゃないですかい…

  4. セールスで最優先すべきはお客さんとの関係性構築

    マーケティング・セールス

    セールスで最優先すべきはお客さんとの関係性構築

    お客さんとの関係づくりができる前に、商品やサービスを売ろうとすると失敗…

  5. 何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    マーケティング・セールス

    何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    「営業」つまり「売る」ことが難しいと感じることは多いですよね?…

  6. 新規集客をするときはターゲットを絞り込むほうが効果的

    マーケティング・セールス

    新規集客をするときはターゲットを絞り込むほうが効果的

    小規模なお店が地域No.1店を目指すためには、まずターゲットを絞り込む…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. "USP"の本当の意味と感情的ベネフィットを考える

    マーケティング・セールス

    “USP”の本当の意味と感情的ベネフィットを考える
  2. 品薄商法に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    品薄商法に学ぶマーケティング
  3. インプットとアウトプットはワンセット

    マインドセット

    インプットとアウトプットはワンセット
  4. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要
  5. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング
PAGE TOP