Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/xs801253/neostranger.jp/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
初心者のための商品販売戦略!売れる「発信」とは

マーケティング

初心者のための商品販売戦略!売れる「発信」とは

売れないのは「商品」?それとも「発信」?~初心者が陥りやすい落とし穴と解決策~

あなたは、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 「時間をかけて作った商品なのに、全然売れない…」
  • 「FacebookやXやブログで一生懸命宣伝してるのに、反応がイマイチ…」
  • 「一体何がダメなんだろう…」

そうやって頭を抱えているあなた。
その気持ち、痛いほどよく分かります。

なぜなら、私自身も、インターネットビジネスを始めたばかりの頃は、全く同じ悩みを抱えていたからです。

試行錯誤の毎日の中で、ようやく気づいたことがあります。

それは、「売れない」のには、大きく分けて2つの原因があるということ。

1つは「商品」に関する問題。
そしてもう1つは、「発信」に関する問題です。

今回は、この2つの側面から、初心者が陥りやすい落とし穴と、その解決策を具体的に解説していきます。

落とし穴① 商品の魅力が伝わっていない

まず、あなた自身が心から「これは素晴らしい!」と思える商品を作れているでしょうか?

  • 「お客様に喜んでもらいたい」
  • 「世の中の問題を解決したい」

そんな熱い想いを込めて作った商品なら、きっと多くの人を惹きつけるはずです。

しかし、その魅力が相手に伝わっていなければ、商品はただの「モノ」でしかありません。

  • お客様の抱える問題を、的確に捉えられていますか?
  • 競合商品と比べて、どんな点が優れているのか、明確に説明できていますか?
  • お客様にとって、どんな未来を提供できるのか、具体的にイメージさせてあげられていますか?

これらのポイントを押さえることで、初めてお客様は「欲しい!」と感じ、購入を決断してくれるのです。

落とし穴② 発信内容がターゲットに刺さっていない

素晴らしい商品を作れたとしても、その情報を発信する「場所」や「伝え方」を間違えると、全く意味がありません

例えば、あなたがFacebookやXで商品を宣伝しているとします。

  • 誰に届けたい情報なのか?
  • どんな悩みを抱えているのか?
  • どんな言葉を使えば、心に響くのか?

これらのポイントを意識せずに、ただ闇雲に情報を発信しても、相手の心を動かすことはできません。

まるで、砂漠に向かって叫んでいるようなもの。
反応が返ってこないのも当然です。

反応がない時は、ここをチェック!

では、実際にどのような点に注意すれば良いのでしょうか?

具体的なチェックポイントをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

【商品編】

  • ターゲット層を明確に設定しているか?
  • ニーズを満たす商品・サービスになっているか?
  • 競合商品と比べて、差別化できているか?
  • 価格設定は適切か?
  • 商品の魅力が分かりやすく伝わる写真・動画を使っているか?

【発信編】

  • 情報発信する媒体は、ターゲット層に合っているか?
  • ペルソナ設定はできているか?
  • 発信内容に一貫性はあるか?
  • 読み手にとって、分かりやすく、読みやすい文章になっているか?
  • 行動に繋がるように、CTAを明確にしているか?

これらのポイントを意識することで、発信の精度を高め、より多くのお客様に響く情報を届けることができます。

まとめ:「商品」と「発信」、両輪を回して成功へ!

「商品」と「発信」、この2つは車の両輪のようなもの。

どちらか一方だけが優れていても、車は前に進みません。

両方をバランス良く強化していくことこそが、インターネットビジネスで成功を掴むための最短ルートと言えるでしょう。

あなたも今回の内容を参考に、商品作りと情報発信の両面から、ビジネスを成長させていきましょう!

商品作りより先にやるべきこと~「売れる流れ」を作る集客の仕組み~前のページ

初心者必見!いますぐ始められる売れる商品を見つける方法次のページ

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

    マーケティング

    店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

    ホームページで集客がうまくいかない場合、必ず原因があります。す…

  2. エイプリルフールに学ぶマーケティング

    マーケティング

    エイプリルフールに学ぶマーケティング

    今年もエイプリルフールがやってきます。ネット上を中心にみんなが…

  3. お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは

    マーケティング

    お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは

    さてここまでで、しっかりとターゲットを絞り、その人たちに響くようにメッ…

  4. 教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    マーケティング

    教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    既にホームページがある方はちょっと振り返ってみてほしいのですが…。…

  5. 店舗ビジネスオーナーは、マーケティングの視点を持つべき

    マーケティング

    店舗ビジネスオーナーは、マーケティングの視点を持つべき

    うまくいっていないお店には「マーケティングの視点が欠けている」とい…

  6. "USP"の本当の意味と感情的ベネフィットを考える

    マーケティング

    “USP”とはなにか:本当の意味を考察する

    「USP」って聞いたことありますか?Unique Sellin…

Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき
  2. ビジネスとは問題解決である - あなたのビジネスの根本的価値を見つめ直す

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 未分類

    LINE公式アカウント集客の考え方:SNSとの最強の組み合わせ
  2. マーケティング

    初心者のための商品販売戦略!売れる「発信」とは
  3. Webの時代だからこそ、実際に人と会うことが重要

    マインドセット

    Webの時代だからこそ、実際に人と会うことが重要
  4. 基本ができていないマーケティングは効果なし

    マーケティング

    マーケティングの基本中の基本3ステップを解説
  5. 経営者必見!本当に成果が出るアフィリエイトのやり方

    ビジネス・経営

    経営者必見!本当に成果が出るアフィリエイトのやり方
PAGE TOP