自分のビジネスについて伝えるエレベーターピッチを作ろう

マーケティング・セールス

自分のビジネスについて伝えるエレベーターピッチを作ろう

あなたは、あなたの商品・サービスを30秒で的確に説明できますか?

この際、魅力的かどうかは問いません。

おそらく多くの人がそのような定型的フレーズを用意していないと思います。

いわゆる「エレベーターピッチ」と呼ばれるものですが、

エレベーターに乗り込んでから降りるまでの
数十秒で自社の説明をするためのフレーズのことです。

「エレベーターピッチ」とは?

世界一起業が盛んな米国・シリコンバレーにおいては、
起業家やスタートアップ企業が投資家からお金を引き出さなければならない、
といった状況がよく起こりますが、

そのときに忙しいトップに対しアピールできる時間が、

エレベーターに乗り合わせた数十秒しかないというところからきています。

「エレベータートーク」
「レーザートーク」(光線ではなく剃刀の方)
とも呼ばれます。

いわば超短時間のプレゼンというわけです。

日本人がよくやるように、
とりあえず仲良くなってから、

それであなたは何をしてる人なの?

というのをじっくり知っていくスタイルでは時間がかかって仕方ないわけです。

出会った段階でサクッとこれを相手にアピールできれば、

「お、なにそれ?」となって

素早く商談へ進むことにもなりますし、

逆にお客になりようがない相手に
ダラダラ時間を浪費することも防げるというわけです。

実際に30秒しかないかどうかはさておき、

あなたのサービスについて短く、
魅力的に伝えるとっておきのフレーズを考えておくことは、

あなたのビジネスにとって大いにプラスになるでしょう。

エレベーターピッチの作り方

エレベーターピッチの簡単な作り方も紹介しておきます。

1,自分が誰であるか
(肩書きなど)

2,対象顧客がどんな人であるか
(絞り込むほどアピールできます)

3,どんなサービスを提供しているのか
(どんな課題を解決できるのか?)

4,顧客はどんなメリットを得られるのか
(サービスを受けた先の未来を提示する)

5,競合他社と何が違うのか
(自社を選ぶべき理由をアピール)

4や5の項目が最も相手にアピールしたい部分にはなりますが、

1〜3まで言えればとりあえずの自己紹介にはなります。

一度、あなたも自分のビジネスについてエレベーターピッチを考えてみてください。

で…

先日、このエレベーターピッチにまつわるちょっとショックな(笑)体験をしたのですが…。

その話はまた別の機会に。

情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ前のページ

自分のビジネスのターゲットにだけ刺さればいい!次のページ自分のビジネスのターゲットにだけ刺さればいい!

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. あっと驚く集客法・究極の穴場を探す方法

    マーケティング・セールス

    あっと驚く集客法・究極の穴場を探す方法

    中小企業のビジネスにおいては情報発信を続けていくことがいかに大事か、…

  2. エイプリルフールに学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    エイプリルフールに学ぶマーケティング

    今年もエイプリルフールがやってきます。ネット上を中心にみんなが…

  3. Web集客で顧客教育をするためのステップメール活用法

    マーケティング・セールス

    Web集客で顧客教育をするためのステップメール活用法

    Web集客で成功したいなら、「顧客教育」が必ず必要です。顧客教…

  4. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    2016年10月〜12月のクールにおいて人気ドラマと言えば「逃げ恥」で…

  5. あなたが集客したい理想のお客さんを決める方法

    マーケティング・セールス

    あなたが集客したい理想のお客さんを決める方法

    ブログ集客では「テーマを一つに決める」ということが大切です。あ…

  6. アナと雪の女王エンディング問題に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    アナと雪の女王エンディング問題に学ぶマーケティング

    いやー、面白かったですね。2017年3月4日に地上波初放映され…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 店舗のWebサイト・ホームページはキャッチコピーが大事

    マーケティング・セールス

    店舗のWebサイト・ホームページはキャッチコピーが大事
  2. オファー以前の雑な売り込みを受けた件から考える「伝え方」

    ビジネス・経営

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件から考える「伝え方」
  3. SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方

    SNS集客

    SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方
  4. "USP"の本当の意味と感情的ベネフィットを考える

    マーケティング・セールス

    “USP”の本当の意味と感情的ベネフィットを考える
  5. 単価アップしたいときのヒント〜需要と供給のバランス〜

    ビジネス・経営

    単価アップしたいときのヒント〜需要と供給のバランス〜
PAGE TOP