スマートに単価アップさせる"松竹梅の法則"

ビジネス・経営

スマートに単価アップさせる”松竹梅の法則”

出張先にて…

昼、仕事が始まるまでの少しの時間をカフェで
仕事をしながら過ごしていたわけですが。

入店してコーヒーを注文したときにまんまとやられました。

普通にコーヒーを注文したのですが、
すかさず店員さんが…

「ただいま限定でこちらのスペシャルコーヒーをお出ししてるんですがいかがですか?」

よく見るとメニューには「店舗限定」と書いてあり、価格は100円ほど高いのです。

「じゃあ、それで」

思わず言ってしまいました。

これって、通常の商品を「竹」として、
ひとつ上の商品を「松」として売る
「松竹梅」のテクニックですよね。

営業の経験がある方ならご存知でしょうが、
商品単価アップを狙うときに非常に有効
基本テクです。

なおかつ「もう一つ上のランクがあるんですけど」と「言ってみる」ことも重要ですね。

通常よりも上のランクを設定して、
単純に目の前の客におすすめすれば
一定数の人は買ってくれるわけです。

これだけでも十分学びになる出来事だったのですが、この店は買ってからが良かったんですね。

1,まず、カップが通常とは違って黒い。(ダークカラーは高級感を演出できます)

2,その「スペシャルコーヒー」がどんな良いモノなのかを説明するカードがついている。

3,もともと注文した「普通のコーヒー」も小さい紙コップでつけてくれる。

いかがでしょうか。

単に買わせて終わりではなく、
「あなたの選択は間違っていません」
ということをしっかり伝えているわけです。

1,カップの差別化で「特別感」「VIP感」を演出して自尊心をくすぐり、

2,商品の持つ価値を正しく伝え、

3,思いがけないおまけまでつけてあげる

ここまでのアフターフォローがあれば、
満足するだけでなく、ちょっと感動すらしますよね。

・松竹梅を設定する(松竹だけでもOK)

・言ってみる(価値を伝えるためにも)

・アフターフォロー(選択の正しさを保証)

マーケティング&セールス両面で素晴らしい体験でした。

P.S.
ただ最後にちょっと惜しかったのは、
「普通のコーヒー」を入れた紙コップに
ついての説明が不十分だったことです。

「これは何?」って聞いてしまいましたから…

「こちらはサービスで、特別にお付けします」
ってはっきり言えば、さらに満足して席についたことでしょう。

提供する側には「当たり前」のことでも、
価値をしっかり伝えればお客の満足度は高められる
ということを意識したいですね。

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. ゴールデンウィークに考えるマーケティング・経営計画

    ビジネス・経営

    ゴールデンウィークに考えるマーケティング・経営計画

    長期連休(ゴールデンウィーク期間)に突入していますが、いかがお過ご…

  2. 恋愛とマーケティング『男の数は35億!』の功罪

    コミュニケーション

    恋愛とマーケティング『男の数は35億!』の功罪

    マーケティングをやっているとしばしば、マーケティングと恋愛は似てい…

  3. アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!

    ビジネス・経営

    アイキャッチ1つで反応率は大きく変わる!

    先々週、那覇から帰ってきて…バタバタしていました。沖縄…

  4. 事業者側の"当たり前"を客に説明しないとどうなるか

    コミュニケーション

    事業者側の”当たり前”を客に説明しないとどうなるか

    出張先にて…今回2泊した宿で起こったことなんですが…。…

  5. 経営者がビジネスの「仕組み化」を考え始めるとき

    ビジネス・経営

    経営者がビジネスの「仕組み化」を考え始めるとき

    あなたは自分のビジネスを大きくしたいですか?ここらへんはけっこ…

  6. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    コミュニケーション

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    衝撃的なモノを見ました。名刺といえば長方形と相場が決まってます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である

    マインドセット

    忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である
  2. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング
  3. 小さくても、無名でも、地域No.1の店舗を目指すには

    マーケティング・セールス

    小さくても、無名でも、地域No.1の店舗を目指すには
  4. 恋愛とマーケティング『男の数は35億!』の功罪

    コミュニケーション

    恋愛とマーケティング『男の数は35億!』の功罪
  5. 売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告

    マーケティング・セールス

    売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告
PAGE TOP