Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/xs801253/neostranger.jp/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける | The Stranger Note
教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

マーケティング

教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

最終更新: 2019.9.27

既にホームページがある方はちょっと振り返ってみてほしいのですが…。

ホームページを放置していませんか?
完成しただけで満足していませんか?
ちゃんとタイムリーに更新していますか?

ホームページは、作ってから何もしなければ本当に全く無意味です。

なぜならホームページは、出来上がってからが本当のスタートだからです。

学習塾を例にとると、生徒集客の時期は

  • 2〜3月(新年度開始・春期講習)
  • 6〜7月(夏期講習)
  • 11〜12月(冬期講習)

というあたりに集中します。
つまりこのあたりでは保護者も真剣に塾探しをするわけです。

それなのに作ったまま放置されたページでは

  • 最新情報が数年前のもの
  • 合格実績が古い情報のまま
  • 7月なのに「新年度生徒募集!」「春期講習実施中」となったまま

などということが起こります。

こんなことでは、
「この塾、真面目にやってるの?」
「この塾はもうやってないのでは?」
と思われますし、その時点で候補外です。

きちんと更新することに意味がある

子供を通わせる学習塾はいわば「密室」ですから、情報が見えないと保護者は間違いなく不信感を抱きます
活動している感があることも大事です。

「それだけ授業に忙しくしているから」
「ネットでは教室紹介ができていればいい」
などという教室オーナーさんも多いですが、ホームページがある以上は情報が新しくなければ、集客力は落ちる一方です。

最低でも週1〜2回以上、情報を定期的に更新する。
そしてずっと継続する。

季節講習の募集をかけるときに集中的に更新するのは、テスト前の一夜漬けと同じです。
「日々の積み重ねが大事だ」というのは、先生たちが生徒に必ず言うことですよね。

ホームページも同じで、日々更新を続けることで、ちゃんと力を発揮するものです。
内容の濃さなどは考えず、とりあえず気楽に更新してみると良いですね。

この「日々更新する」のにピッタリなのが、「ブログ」です。
可能ならホームページだけでなく、ブログを組み合わせて持っておくと効果的です。

でも、ここまで頑張ってホームページを更新しても、見てくれる人が少なければ効果が望めませんよね。

次回は、作ったホームページを適切に宣伝する方法についてお伝えします。

お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとはお客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは前のページ

効果的な店舗Webサイト・ホームページの宣伝方法3選次のページ効果的な店舗Webサイト・ホームページの宣伝方法3選

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. "USP"の本当の意味と感情的ベネフィットを考える

    マーケティング

    “USP”とはなにか:本当の意味を考察する

    「USP」って聞いたことありますか?Unique Sellin…

  2. 葬儀屋のマーケティング

    マーケティング

    葬儀屋のマーケティング手法から学べること

    とある葬儀に際してマーケティング的観点から考えたことですが……

  3. 店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

    マーケティング

    店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

    ホームページで集客がうまくいかない場合、必ず原因があります。す…

  4. マーケティング

    商品作りより先にやるべきこと~「売れる流れ」を作る集客の仕組み~

    商品作りより先にやるべきこととはあなたは、「時間をかけて作った自信…

  5. 教室ビジネスにもマーケティングが必要

    マーケティング

    教室ビジネスにもマーケティングが必要

    「良い授業をしていれば必ずこの教室はお客さんに認められる」 「良い…

  6. 売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告

    マーケティング

    売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告

    広告は、大きく2つに分けることができます。その違いを知った上でない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき
  2. ビジネスとは問題解決である - あなたのビジネスの根本的価値を見つめ直す

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. Web集客で顧客教育をするためのステップメール活用法

    マーケティング

    Web集客で顧客教育をするためのステップメール活用法
  2. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

    ビジネス・経営

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例
  3. マーケティング

    顧客をファン化!LTV最大化のセールス戦略で売上アップ!
  4. 教室ビジネスにもマーケティングが必要

    マーケティング

    教室ビジネスにもマーケティングが必要
  5. セールスで最優先すべきはお客さんとの関係性構築

    マーケティング

    セールスで最優先すべきはお客さんとの関係性構築
PAGE TOP