集客に苦しんでいるなら、勝てる集客マーケットを選ぶ

マーケティング・セールス

集客に苦しんでいるなら、勝てる集客マーケットを選ぶ

ターゲットを絞るということは、
勝てるマーケットを選ぶということです。

これを、改めて考えなおしてみましょう。

あなたがどの分野で地域No.1を目指すのか、調査を元にして決めます。
これは、ブログやSNSを使って集客を考えるときも同じです。

集客を狙うマーケットを間違えてしまうと、
どんなに販促媒体やインターネットを駆使して集客したとしても成果を出すのはかなり難しくなります

逆に勝てるマーケットをちゃんと選べれば、特殊なことをしなくてもお客が集まってきます。

勝てる集客マーケットの選び方

集客マーケットを選ぶ時のポイントを紹介します。

まず参入するべきではないマーケットは、自分と同じ地域内で見て、

  • ライバルがたくさんいる分野
  • 既に飽和している分野
  • これから成長が見込めない分野

となります。

ライバルがいればいるだけ競争となり、勝負に勝つのは難しくなっていきます。

参入するべき集客マーケットはこの反対です。

  • ライバルが気づいていない分野
  • 新しくできあがった分野
  • これから成長していく分野

こういったマーケットで、より自分に有利になるものを選ぶようにしましょう。

また、「そのマーケットには来てくれるお客さんがいるのか」を考えることも大切です。

たとえライバルがいなくても、お客さんが存在しなければ商売になりません。

マーケットの調査をするときには、お客さんがいるのかどうかもしっかり調べましょう。

勝てる集客マーケットで勝負する

良い商品、サービスやカリキュラムでライバルに勝つ!というのも大切ですが、
それよりもライバルがいないマーケットで一人勝ちするほうが楽で利益も大きくなります。

問題は、そのマーケットをどうやって探すか、ですよね。

お店をお持ちの方は地域ビジネスですので、地域名+業種でインターネット検索してみましょう。
同じ地域のライバルのホームページが見つかります。

ホームページが見つかったら、

  • どんなことをしているのか?
  • どんな商品やサービスがあるか?
  • 誰を対象としているか?
  • 価格帯は?
  • 対象としている地域は?

といったことを調べてみましょう。

また、インターネットを使うと、同じ地域にあったら競合になるだろうライバルを探すことができます。

ネット検索で、自分の教室に関連したキーワードを入力して検索してみましょう。
やはりホームページが出てくるはずですので、上記と同じことを調べます。

上手く差別化できているところがあれば、真似して取り入れられるか検討してみましょう。

また、直接ヒアリングするということも大切です。

自分が攻めようと思った業界や、それに近いことをしている人に、
そのマーケットのライバルについてや成長性について聞いてみましょう。

マーケットのことがよく調査できたら、自分が参入して勝てるかどうかを判断してください。

勝てるところで勝負することが、商売の鉄則です。

いま集客に困っているなら、どこが戦うべき場所なのかを改めて考えなおしてみましょう。

新規集客をするときはターゲットを絞り込むほうが効果的新規集客をするときはターゲットを絞り込むほうが効果的前のページ

店舗ビジネスオーナーは、マーケティングの視点を持つべき次のページ店舗ビジネスオーナーは、マーケティングの視点を持つべき

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 店舗ビジネスオーナーは、マーケティングの視点を持つべき

    マーケティング・セールス

    店舗ビジネスオーナーは、マーケティングの視点を持つべき

    うまくいっていないお店には「マーケティングの視点が欠けている」とい…

  2. 店舗集客における戦略と戦術の重要性

    マーケティング・セールス

    店舗集客における戦略と戦術の重要性

    「学習塾を経営しています。新規生徒を募集出来ずに大変苦労しています。…

  3. 自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

    マーケティング・セールス

    自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

    「ネット集客」といえばまず思いつくのは「店舗のホームページ」でしょう。…

  4. 葬儀屋のマーケティング

    マーケティング・セールス

    葬儀屋のマーケティング手法から学べること

    とある葬儀に際してマーケティング的観点から考えたことですが……

  5. 教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    既にホームページがある方はちょっと振り返ってみてほしいのですが…。…

  6. 自分のビジネスのターゲットにだけ刺さればいい!

    マーケティング・セールス

    自分のビジネスのターゲットにだけ刺さればいい!

    前回は「エレベーターピッチ」の重要性について書きましたが…。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 知識や学びに投資をしないと後退していくだけ

    マインドセット

    知識や学びに投資をしないと後退していくだけ
  2. いつまでたっても起業準備中の人

    マインドセット

    いつまでたっても起業準備中の人
  3. サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする

    Webサイト集客

    サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする
  4. 地域密着型を謳う社長が地方都市の衰退を引き起こす矛盾

    マインドセット

    地域密着型を謳う社長が地方都市の衰退を引き起こす矛盾
  5. 情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

    Webマーケティング

    情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ
PAGE TOP