何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

マーケティング・セールス

何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

「営業」つまり「売る」ことが難しいと感じることは多いですよね?

「簡単だ」「楽しい」という根っからの営業マンみたいな方も
たまにはいらっしゃるのですが。

そういう方はだいたいにおいて、
そもそも人と接すること自体が大好きであることが多いです。

年末の話になりますが、
けっこう遠いところへ出張してきました。

出張先では主に公的機関や、
それに近い方々との話し合いを通してビジネスチャンスを探る、
ということをしてきたわけですが。

よそ者を非常に警戒する土地柄ということもあり、
なかなかの入り込みづらさを感じる結果となりました。

そこから考えさせられたこととして、
「営業」のやり方には大きく分けて2種類あるということが挙げられます。

というわけで、営業のアプローチについて
整理してみたいと思います。

ヒトで買うのか、モノで買うのか

これは営業の極意として言われることも多いですが、

「何を買うかより、誰から買うかのほうが重要」

ということです。

商品やサービスは大差ない、
だったら信頼できる人から買いたい、
という心理ですね。

実際、「結局は人なんだよ」って言う人は

少なからずいます。

その一方で、提供してくれる人は誰でもいい、
とにかく最高のサービスをやりきってくれれば相手が誰だろうとかまわない、

という人もいます。

世の中、どちらのタイプも必ずいるので、
どちらが正解ということはありません。

もちろん、どちらかだけで決めるということもありえません。

いくら人が良くたって、粗悪サービスは買いたくないはずですから。

むしろ、目の前のお客がどちらのタイプなのかを見極めて
営業することこそが大事でしょう。

ではこの2つのタイプをそれぞれ掘り下げて考えてみましょう。

いわゆる「スーパー営業マン」は…

営業の会社などでぶっちぎりの成績をあげる営業マンの多くは、
人の心を掴むのが上手いですよね。

懐に飛び込む、気に入られる、
可愛がられるということが非常に上手い。

人はやはり、「何を買いたいか」よりも「誰から買いたいか」を重視します。

知っている人だから、好きだから、というだけでなく、

知らない人だとしても信頼できるか否かが大きなポイントです。

ですから、先に人間関係を構築してから売ると、とてもよく売れるわけですね。

対して「非対面営業」では…

インターネットでサービスを売るときに代表されるように、

商品やサービスそのものの中身、
信頼性だけで勝負しないといけない場合もあります。

この場合は、対面していない分、
ブランドや写真、文章、お客様の声など

あらゆる手段を駆使して買い手の信頼を獲得しようとするわけです。

やり手営業マンの中にも、
人間関係よりもサービスに対する信頼獲得が上手いから売れる人もいます。

双方のメリット・デメリット

もちろん、どちらにも利点があり、欠点があります。

いくら人の懐に入り込むのが上手い、
すぐに人と仲良くなれる前者のようなタイプの人でも、

一度に接することができる人の数には限界があります。

ですから、働く時間に比例して売上が伸びる、

いわゆる労働集約型のビジネスを脱却できません。

対して後者は、
インターネットや紙の資料などの媒体を使うことができるため、

アプローチする数を増減させることで大きな売上につながります。

世の中、事業を営んでいる人の多くは結局は前者のように人間関係ありきで
お客さんを獲得していることが多いかもしれませんね。

なぜなら、後者の代表例である「広告」の効果がどんどん落ちている、と言われるからです。

広告を出しても思ったほどの効果が出ない。

だったら、
結局は知り合いにお客になってもらったり、
紹介をもらったりしたほうが確実に良いお客をとれる。

そう思っていませんか?

しかし繰り返しになりますが、それだとやはり労働集約型なので自分が辛くなる。

売上も頭打ち。

ここでみんな苦しむわけですね。

広告なくして発展なし

結論、やはり広告は必要です。

「効果が出ない」と諦める前に、
効果が出るまでテストすべきなんです。

それをみんな、やらないんですよね。

マーケティングを放棄してませんか?

売上が頭打ち…
これ以上自分が動いて営業するのは限界…

そんな場合でも、
売上アップの方法はいくらでも考えられます。

学んで、実践。

実践は全てテストです。

あとは、やるかやらないかです。

インターネットを使えば売れないものも売れる?インターネットを使えば売れないものも売れる?前のページ

基本ができていないマーケティングは効果なし次のページ基本ができていないマーケティングは効果なし

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 見込み客のリストはどれくらい集めるべきか

    マーケティング・セールス

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか

    マーケティング用語で「見込み客」という言葉があります。「あなた…

  2. ビジネスにおける対人コミュニケーションスキルの重要性

    マーケティング・セールス

    ビジネスにおける対人コミュニケーションスキルの重要性

    飲食店や、美容サロン、整体院などは、あまりにもライバルが多すぎて、…

  3. エイプリルフールに学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    エイプリルフールに学ぶマーケティング

    今年もエイプリルフールがやってきます。ネット上を中心にみんなが…

  4. 基本ができていないマーケティングは効果なし

    マーケティング・セールス

    基本ができていないマーケティングは効果なし

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ学ん…

  5. 店舗が新規集客に苦労してしまう理由とは?

    マーケティング・セールス

    店舗が新規集客に苦労してしまう理由とは?

    新規集客の本質とはいったいなんでしょうか。「お客さんを集め、サ…

  6. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    2016年10月〜12月のクールにおいて人気ドラマと言えば「逃げ恥」で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 遠くに行くことは、ある種の魔法である

    マインドセット

    遠くに行くことは、ある種の魔法である
  2. デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイト集客

    デザインの美しいWebサイトの必要性
  3. Webサイト制作会社を選ぶときのポイント

    Webサイト集客

    Webサイト制作会社を選ぶときのポイント
  4. 自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

    マーケティング・セールス

    自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性
  5. ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?

    Webマーケティング

    ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?
PAGE TOP