Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/xs801253/neostranger.jp/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
Instagram集客の考え方:最速で売上という結果につながる

未分類

Instagram集客の考え方:インスタ集客は難しい?

最終更新: 2024.3.16

Instagram集客の強みと弱み

Instagramの圧倒的なスピード感

昨今のSNSマーケティングにおいて、Instagramの存在感は増すばかりです。
その最大の魅力は、何と言っても「速さ」にあります。
かつてFacebookが全盛期を極めましたが、今のインスタはそれと同じような勢いがありますね。
特に、ビジネスの売り上げを急速に伸ばしたい個人事業主や経営者にとって、このメディアは魅力的と言えるでしょう。

実際、適切な戦略を持って取り組めば、ゼロから始める人でも1~3ヶ月程度で売上をあげることが可能です。
既にある程度フォロワーがいる人なら、最短2週間で売上につながることも。
これは他のSNS媒体ではなかなかできない速度です。
しかし、この「速さ」を実感していない方々には、Instagram集客の取り組みがおすすめです。

結論として、Instagramの一番の強みは、売り上げを作るまでのスピードが圧倒的に早いというところにあります。
逆に弱みが何かというと、Facebookと同じく新規のお客さんにアプローチをすることがやや難しいということ。
そして、Instagramという媒体のアルゴリズムの攻略が難しいというところにあります。

Instagramのよくある誤解

一方で、Instagramに対する誤解も少なくありません。
「インスタは若い女性が中心」というイメージを持つ方もいるかもしれませんが、これは大きな誤解です。
実際には年齢を問わず、幅広い層がインスタグラムを利用しています。
40代、50代、さらには60代をターゲットにしたビジネスでも、十分に通用します。

さらに、「映える投稿」が必須というわけでもありません。
大切なのは、ターゲットとなるユーザーに響く内容を発信すること。
見た目の派手さよりも、伝えたいメッセージの質が重要です。

無理してキラキラな発信しても疲れるだけなので、素の自分を発信しましょう。

既存のフォロワーが生む、加速度的な効果

Instagramでの成功には、ある程度フォロワー数も重要な要素になってきます。
特に、フォロワー数が1000人を超えると、確実な土台になります。
あなたが既に1000人を超えている場合、あとはちょっとしたコンセプトの変更や運用の最適化だけで、大きな成果を期待できます。

しかし、Instagramを始めたばかり、またはフォロワーがまだ少ないという方は、まずはその土台作りに注力することが必要です。

ターゲット設定とアルゴリズムの理解

ターゲット設定の重要性

インスタ集客を始める上で、最も初めに取り組むべきことが「ターゲット設定」です。
多くの人が見落としがちなこのステップは、成功への道を大きく左右します。
経営者やマーケッターはしばしば、自分たちがどのような顧客にリーチしたいかを自己流で決めがちですが、ここで大きな落とし穴が待ち受けています。

成功するInstagramアカウント作りの秘訣は、自分でターゲットを決めるのではなく、実際にInstagram上にそのターゲットが存在するかどうかをリサーチすることにあります。
ターゲットが実際にプラットフォーム上にいなければ、いくら素晴らしいコンテンツを作っても、それを欲しいと思う人には届きません。

新規顧客の獲得が難しい理由

Instagramで新規顧客を獲得することは、多くの経営者にとって難しい課題です。
その主な理由は、Instagramの仕組みが基本的に拡散を狙ったものになっていないからです。
投稿が自然に拡散されることは少なく、ほとんどの場合、既存のフォロワーの目にしか触れません。
これでは、新規顧客を獲得することはおろか、アカウントの成長も望めないでしょう。

発見欄での露出を増やす方法

ここでキーポイントとなるのが「発見欄」です。
発見欄というのは、インスタアプリの下の方にある、虫眼鏡マークのボタンです。一般的には検索ボタンと言われるアレですね。

発見欄に自分の投稿が表示されることで、初めて多くの新規顧客にリーチすることが可能になります。
では、どのようにして自分の投稿を発見欄に表示させることができるのか?
基本的に重要なのは、アカウントの「パワー」を上げ、Instagramのアルゴリズムを理解し、活用することです。

ここでアルゴリズムを味方につけるために、前述のフォロワー数を増やすことが大事になってきます。
InstagramのAIから見て、仮に同じような投稿が2つあった場合、基本的にはフォロワーが多いアカウントの投稿のほうがおすすめしやすい、というのは感覚的にも理解できると思います。
フォロワーが多ければ多いほど、投稿のリーチが増え、発見欄に表示される確率が高まります。

アカウント作りと運用のコツ

そして、特に最初のうちはコンスタントに投稿をすることがこのフォロワー数を増やす鍵となります。
数を撃たないことには、当たるものも当たりませんからね。

では、コンスタントとはどれくらいの頻度なのか?

…とりあえず、週に4回以上です。
週に4回以上の投稿を心がけ、コンスタントにアカウントの活動を見せることで、徐々にフォロワーを増やしていくことが可能です。

アカウントを作り、運用する上での最大のコツは、常にユーザーの反応を見て、それに応じて投稿内容を調整すること。
どの投稿がより多くの反応を得られるのか、どのようなコンテンツがフォロワーにとって魅力的なのかを把握し、それを基に次のアクションを計画します。

では実際にアカウント運営をする場合にどのような点を考えながら運用すべきなのか、その枠組みを解説します。

インスタ集客成功のための3ステップ

アカウント設計の重要性

インスタ集客で成果を出すための最初のステップは、アカウントの設計です。
成功するアカウントは、その設計段階で勝敗がほぼ決まります。
どんな業界で、どんなメッセージを伝え、どのようなデザインで、誰をターゲットにするか、これら全てがアカウント設計の重要な要素です。

モデリング、つまり成功しているアカウントを参考にすることは良いスタート地点ですが、表面的な模倣だけでは足りません。
そのアカウントがなぜ成功しているのか、その背景にあるデータや理由を理解し分析することが重要です。
トレンドや流行は常に変わるため、時代に合ったアプローチを取り入れる柔軟性も必要です。

たとえば、いま伸びてるジャンルがあって良さそうな感じのアカウントの真似をしても、実はそれって1年前のトレンドのおかげで伸びたのかもしれない。
こういった、なぜ伸びたのかの要因分析ができないとわからないんですね。

アカウント運用のコツ

次に、アカウントの運用です。
どのような投稿を、どのタイミングで、どんな形式(ストーリー、リール、インスタライブなど)で発信するか、これらの運用戦略がアカウントの成長を左右します。
表面的に見える成功だけを真似ても、その背後にある戦略を理解していなければならないわけです。

実際にどの投稿がインプレッションや売上に直結しているのか、これらのデータに基づいた運用が必要です。
見た目だけの投稿ではなく、実際にフォロワーとの関係性を構築し、エンゲージメント(関係性)を高め、最終的には売上に繋がるような運用を心掛けることが大切です。

アカウント検証と改善

最後に、アカウント検証です。
どんなに計画的にアカウントを設計し、運用しても、その効果を定期的に検証し、改善していくことが必要です。
Instagramのトレンドやアルゴリズムは常に変化しています。
その変化に応じて、投稿の内容やフォーマット、ハッシュタグの使い方などを見直し、最適化することが重要です。

結論:成功への道は継続的な改善にあり

インスタ集客で成功を収めるためには、一度の努力ではなく、継続的な改善と適応が必要です。
アカウントの設計から始め、運用し、そして常に検証と改善を繰り返す。
このサイクルを通じて、Instagramの変化にも適応し、フォロワーとの強い関係を築き上げることができます。

ひとまずフォロワーが1000人を超えてくるまで頑張れれば、1人ビジネスで食いっぱぐれるようなことはなくなります。
そうなればあとは落ち着いてフォロワーとの関係性を強化しつつ、さらにフォロワーを増やす別の打ち手にも取り組めます。

Instagramをただの投稿ツールとしてではなく、ビジネス成長のための戦略的ツールとして最大限に活用すること。
そのためには、アカウント設計、運用、検証の各段階において、目的意識を持ち、データに基づいた戦略的なアプローチを心掛けることが不可欠です。
この継続的な努力こそが、インスタ集客での成功への道と言えるでしょう。

関連記事

  • Instagramからリストを取るならLINE
  • 他のSNS集客の考え方はこちらから
  • SNS集客の基本の考え方はこちらから

SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方Facebook集客の考え方:関係性の強化前のページ

X(旧Twitter)集客の考え方:拡散力と手軽さを活かす次のページ

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. Webサイトを制作するときは専門用語をできるだけ排除する

    未分類

    Webサイトを制作するときは専門用語をできるだけ排除する

    あなたの会社のWebサイトを見てくれた人には、あなたがその分野での専門…

  2. Webサイトをスマホ対応(レスポンシブ対応)にする方法

    未分類

    Webサイトをスマホ対応(レスポンシブ対応)にする方法

    スマホ(スマートフォン)の普及により、ブログのスマホ対応は必須になって…

  3. 未分類

    TikTok集客の考え方:やや特殊だが拡散性は最強

    TikTok集客の現状今や30代・40代の利用も多いTikTok…

  4. 未分類

    LINE公式アカウント集客の考え方:SNSとの最強の組み合わせ

    LINE公式アカウント=リストマーケティングリストマーケティングが…

  5. Webサイトの成約率をアップするための重要な原則

    未分類

    Webサイトの成約率をアップするための重要な原則

    「売上を上げる」ことができるWebサイトには、「買いたくなる仕組み」が…

  6. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    未分類

    ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    あなたが書いたブログ記事を読んでもらえるかどうかは、タイトルで決まりま…

Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき
  2. ビジネスとは問題解決である - あなたのビジネスの根本的価値を見つめ直す

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    未分類

    Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る
  2. 新規集客をするときはターゲットを絞り込むほうが効果的

    マーケティング

    新規集客をするときはターゲットを絞り込むほうが効果的
  3. 教室ビジネスにもマーケティングが必要

    マーケティング

    教室ビジネスにもマーケティングが必要
  4. 流行りモノに学ぶマーケティング

    マーケティング

    流行りモノに学ぶマーケティング
  5. 忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である

    マインドセット

    忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である
PAGE TOP