店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

マーケティング・セールス

店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

ホームページで集客がうまくいかない場合、必ず原因があります。

すでにホームページを運用していて集客効果がないと思っている方は、
以下のポイントが押さえられているか確認してみてください。

これからホームページでの集客に乗り出したい方は、以下を意識して制作しましょう。

  1. ターゲットの絞り込みができているか
  2. 店舗の売りを一言で伝える「キャッチコピー」があるか
  3. ホームページ内の動線が適切か
  4. 最新情報を発信し続けているか
  5. ホームページを適切に宣伝できているか

気になる部分はありましたか?
今回はこのうち「1.ターゲットの絞り込み」についてお伝えしますが、今後の記事で順番に解説していきますね。

興味のある人に絞って見てもらう

チラシというメディアは、はっきり言って「いらない人」にも届いてしまいます。

しかしホームページは基本的に、目的を持って検索されなければ見られません。

では、あなたのホームページを見るお客さんはPCやスマホでまず何をするでしょうか?

欲しい情報に関連するキーワードを入力して検索しますよね。

では「塾」とか「教室」と検索してあなたの教室を発見した人が、入会する確率は?

ほとんどありませんよね。

それでは対象が広すぎて、欲しい情報に行きつくのが大変すぎるからです。

逆に、あなたの店舗が求めている店舗にピッタリだった場合、来店する確率は高いですよね。

ですから、目的に合わない人にたくさん見てもらうよりも、目的の「濃い」人に見てもらうことのほうを重視しましょう。

つまりホームページで重要なのは、ターゲットをできるだけ絞り込むことです。
検索されたときに上位に表示され、お客さんの目にとまりやすくなることです。

絞り込みの具体的な方法

教室を例に、もう少し具体的に考えてみましょう。

受験生を持つお母さんが、自分の子供を入れる塾を探そうと検索しています。
まだあなたの塾を知らないわけですから、「塾名」で検索することは当然ありません。

「学習塾」とだけ入力するのも、全国の塾がヒットしてしまいますから非現実的です。

基本的には、地名と組み合わせて検索します。
「塾 (地名)」(例:「塾 大阪市」)

受かりたい学校や望む指導スタイルがはっきりしているときは
「塾 (地名) (志望校名)」
「塾 (地名) 個別指導」
となりますし、実績や評判を重視する人は
「塾 (地名) 合格実績」
「塾 (地名) 口コミ」
などとなるでしょう。

このように具体的に絞り込みをすると、
多くの競合教室のホームページがある中で「特定のニーズに応えるWebサイト」として上位表示を獲得しやすくなります

ホームページはまず探して見てもらわなければ、意味がありません。
さらには見てくれるのが自分の店舗の対象者でなければ意味がありません

あなたのホームページは、ターゲットを意識した内容で発信できていますか?

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 効果的な店舗Webサイト・ホームページの宣伝方法3選

    マーケティング・セールス

    効果的な店舗Webサイト・ホームページの宣伝方法3選

    ホームページを作ったら、適切に宣伝してアクセスを集める必要があります。…

  2. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    今日はつまらない話をします!やっぱり基本が大事じゃないですかい…

  3. 教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    既にホームページがある方はちょっと振り返ってみてほしいのですが…。…

  4. 教室ビジネスにおける紹介に頼らない新規集客の重要性

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスにおける紹介に頼らない新規集客の重要性

    今回は店舗系ビジネスの中でも、学習塾やスクールなど教室ビジネスをメ…

  5. お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは

    マーケティング・セールス

    お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは

    さてここまでで、しっかりとターゲットを絞り、その人たちに響くようにメッ…

  6. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    2016年10月〜12月のクールにおいて人気ドラマと言えば「逃げ恥」で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. Webサイトの成約率をアップするための重要な原則

    Webサイト集客

    Webサイトの成約率をアップするための重要な原則
  2. 売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告

    マーケティング・セールス

    売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告
  3. SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方

    SNS集客

    SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方
  4. 単価アップしたいときのヒント〜需要と供給のバランス〜

    ビジネス・経営

    単価アップしたいときのヒント〜需要と供給のバランス〜
  5. 高層ビル理論から、自分のビジネスの価値を考える

    マインドセット

    高層ビル理論から、自分のビジネスの価値を考える
PAGE TOP