流行りモノに学ぶマーケティング

マーケティングのヒント

流行りモノに学ぶマーケティング

あなたは流行には敏感ですか?

マーケティングって、
基礎的な部分は変わらないですし、
本質は大事にしないといけません。

しかし「なぜ流行っているか」を考えることは、

「人々の(特に、あなたのお客さんの)心には何が響くのか」

を考えることにつながるので、
流行をチェックすることは非常に重要です。

あなたのターゲットとなる層がハマるようなものであればとりわけ大事ですが、
そうでないものにもなんらかのヒントが潜んでいます。

というわけで、流行を分析してマーケティングに役立てるシリーズを
たまには書いていこうかなと思っています。

さて、そもそも流行と言ってもマーケティング的には
2つの側面から考えなければなりません。

ひとつは、世間の耳目を集めるための、
つまり目立つための流行です。

流行というよりは「話題になっている」と言い換えたほうが正しいですね。

必ずしもみんなに好かれているわけではない、
場合によっては不快感を引き起こすようなものでも、
みんなの間で話題になれば流行です。

「流行語」などというのはこちらに近いですね。

もうひとつは、それを好きになる人が多いから「流行る」というものです。

自社サービスや自店舗であればやはり、
後者のように良い意味でみんなの話題になりたいのが普通でしょう。

しかし、敢えて前者のように「悪目立ち」することで、
尖った存在として世間に認知してもらい、

強く共感してくれる人だけをお客さんにしていくという方法もあります。

小企業や個人でビジネスをしている人であれば、これは大きな武器になります。

世間で好かれているものは、どうして好かれているのか?

世間で叩かれ、
あるいは眉をひそめられているものは
どうして注目を集めているのか?

どちらも、自分のビジネスに活かすことが可能です。

あなたが今注目している流行は、なんですか?

それが流行っている理由は、
あなたのビジネスにどう活かせますか?

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 店舗が新規集客に苦労してしまう理由とは?

    マーケティング・セールス

    店舗が新規集客に苦労してしまう理由とは?

    新規集客の本質とはいったいなんでしょうか。「お客さんを集め、サ…

  2. 何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    マーケティング・セールス

    何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    「営業」つまり「売る」ことが難しいと感じることは多いですよね?…

  3. 見込み客のリストはどれくらい集めるべきか

    マーケティング・セールス

    見込み客のリストはどれくらい集めるべきか

    マーケティング用語で「見込み客」という言葉があります。「あなた…

  4. 品薄商法に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    品薄商法に学ぶマーケティング

    『コイケヤプライドポテト』って食べたことありますか?どうも…

  5. 教室ビジネスにもマーケティングが必要

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスにもマーケティングが必要

    「良い授業をしていれば必ずこの教室はお客さんに認められる」 「良い…

  6. 機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性

    マーケティングのヒント

    機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性

    いま、飛行機の中でこれを書いています。今だけ機内Wi-Fiの利…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

    コミュニケーション

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例
  2. 店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い

    マーケティング・セールス

    店舗系ビジネスのWeb集客ではターゲットを絞り込むほうが強い
  3. アメブロなど無料ブログサービスの商用利用禁止について

    Webマーケティング

    アメブロなど無料ブログサービスの商用利用禁止について
  4. 機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性

    マーケティングのヒント

    機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性
  5. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング
PAGE TOP