悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

コミュニケーション

悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

あなたは「名刺交換」って、大事にしてますか?

どっちが下から出すか、みたいな名刺交換時の作法の話ではありません。

ビジネスにおいて名刺って確かに大事なんですが、
名刺を重視するあまり相手を重視していない人ってたまにいるよね、
という話をしたいと思います。

とあるセミナー会場にて…

セミナーなんかに行っていると、
あちこちで同じ人に出会うことがけっこうあります。

先日も、斜め前に座った男性を見て
「あ、また●●さんだ…」と思いました。

その人とそういう形で会うのはもうかれこれ5回目くらいです。

しかし、休憩時間…

「すみません名刺交換させてください私●●と申しまして▽▽県で□□の仕事を〜」

また始まりました。

実はこの流れも3回目くらいなんです。

「●●さん、以前どこそことどこそこと、それからどこそこでもお会いしてますよ!」

って笑いながら返しておきました。

そしたら彼はそこで初めて私の顔を見て…

「すみません私ぜんぜん覚えられなくて…」

いや、わかりますよ。

私だってたくさんの方とお会いするんで、
全ての人を覚えてろってそりゃ無理です。

あなたは名刺収集マニアですか?

ただ今回は、彼がまたそれをやってくるだろうなというのは予測していました。

そんなに自分って影が薄い、印象に残らない人間なのか?

とも思ったんですが(笑)

違いますね。

さっき
『彼はそこで初めて私の顔を見て…』
って書きました。

要は、相手の顔も見ずに
名刺だけ差し出してるってことです。

うーん、やっぱりこれ失礼じゃないですか?

日本のビジネスって名刺交換から始まるようなところがありますけど。

ビジネスってやはり人と人とのコミュニケーションですからね。

目の前の相手に注意を向けられない人は、
いくら名刺を集めても無意味でしょう。

名刺交換しないほうがマシ?

なんならある程度喋って知り合って、
お互いがお互いにとって価値のある人間だなと思った場合にだけ名刺交換、
のほうが理想的ですよね。

薄利多売的な、リスト数が重視されるビジネスをしている人ほど
陥りやすい罠かなと思います。

ビジネスマナーであるはずの名刺交換で悪印象を与えてしまわないためには、

やはり目の前の相手に注意を向けることを忘れないことですよね。

相手の手元を凝視して名刺交換する癖がつかないように、気をつけましょう!

私も気をつけます。

Webサイトをスマホ対応(レスポンシブ対応)にする方法Webサイトをスマホ対応(レスポンシブ対応)にする方法前のページ

情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ次のページ情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. あなたのビジネスが注目を集めるために必要なことは何か

    ビジネス・経営

    あなたのビジネスが注目を集めるために必要なことは何か

    早くも、5月の半ばです。最近「暑いですね」って会う人みんなに言…

  2. スマートに単価アップさせる"松竹梅の法則"

    ビジネス・経営

    スマートに単価アップさせる”松竹梅の法則”

    出張先にて…昼、仕事が始まるまでの少しの時間をカフェで仕事…

  3. 忙しいのに儲からない原因を対策するとビジネスが加速する

    ビジネス・経営

    忙しいのに儲からない原因を対策するとビジネスが加速する

    ひとりビジネスや小規模ビジネスの場合、やらないといけない細々と…

  4. あなたのビジネスの真の価値は相手に伝わっているか

    コミュニケーション

    あなたのビジネスの真の価値は相手に伝わっているか

    最近、とにかく人と会う機会が多いです。その中には初めて会う人も…

  5. 小さな会社は高い専門性を武器に一点集中型で戦う

    ビジネス・経営

    小さな会社は高い専門性を武器に一点集中型で戦う

    商売を始めるとついつい、お客さんのニーズに応えるために「なんでも揃えよ…

  6. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    コミュニケーション

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    衝撃的なモノを見ました。名刺といえば長方形と相場が決まってます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 忙しいのに儲からない原因を対策するとビジネスが加速する

    ビジネス・経営

    忙しいのに儲からない原因を対策するとビジネスが加速する
  2. サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする

    Webサイト集客

    サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする
  3. 自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

    マーケティング・セールス

    自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性
  4. お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは

    マーケティング・セールス

    お客さんにわかりやすい店舗系ビジネスのホームページとは
  5. 小さくても、無名でも、地域No.1の店舗を目指すには

    マーケティング・セールス

    小さくても、無名でも、地域No.1の店舗を目指すには
PAGE TOP