悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

コミュニケーション

悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例

あなたは「名刺交換」って、大事にしてますか?

どっちが下から出すか、みたいな名刺交換時の作法の話ではありません。

ビジネスにおいて名刺って確かに大事なんですが、
名刺を重視するあまり相手を重視していない人ってたまにいるよね、
という話をしたいと思います。

とあるセミナー会場にて…

セミナーなんかに行っていると、
あちこちで同じ人に出会うことがけっこうあります。

先日も、斜め前に座った男性を見て
「あ、また●●さんだ…」と思いました。

その人とそういう形で会うのはもうかれこれ5回目くらいです。

しかし、休憩時間…

「すみません名刺交換させてください私●●と申しまして▽▽県で□□の仕事を〜」

また始まりました。

実はこの流れも3回目くらいなんです。

「●●さん、以前どこそことどこそこと、それからどこそこでもお会いしてますよ!」

って笑いながら返しておきました。

そしたら彼はそこで初めて私の顔を見て…

「すみません私ぜんぜん覚えられなくて…」

いや、わかりますよ。

私だってたくさんの方とお会いするんで、
全ての人を覚えてろってそりゃ無理です。

あなたは名刺収集マニアですか?

ただ今回は、彼がまたそれをやってくるだろうなというのは予測していました。

そんなに自分って影が薄い、印象に残らない人間なのか?

とも思ったんですが(笑)

違いますね。

さっき
『彼はそこで初めて私の顔を見て…』
って書きました。

要は、相手の顔も見ずに
名刺だけ差し出してるってことです。

うーん、やっぱりこれ失礼じゃないですか?

日本のビジネスって名刺交換から始まるようなところがありますけど。

ビジネスってやはり人と人とのコミュニケーションですからね。

目の前の相手に注意を向けられない人は、
いくら名刺を集めても無意味でしょう。

名刺交換しないほうがマシ?

なんならある程度喋って知り合って、
お互いがお互いにとって価値のある人間だなと思った場合にだけ名刺交換、
のほうが理想的ですよね。

薄利多売的な、リスト数が重視されるビジネスをしている人ほど
陥りやすい罠かなと思います。

ビジネスマナーであるはずの名刺交換で悪印象を与えてしまわないためには、

やはり目の前の相手に注意を向けることを忘れないことですよね。

相手の手元を凝視して名刺交換する癖がつかないように、気をつけましょう!

私も気をつけます。

Webサイトをスマホ対応(レスポンシブ対応)にする方法Webサイトをスマホ対応(レスポンシブ対応)にする方法前のページ

情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ次のページ情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. スマートに単価アップさせる"松竹梅の法則"

    ビジネス・経営

    スマートに単価アップさせる”松竹梅の法則”

    出張先にて…昼、仕事が始まるまでの少しの時間をカフェで仕事…

  2. 事業者側の"当たり前"を客に説明しないとどうなるか

    コミュニケーション

    事業者側の”当たり前”を客に説明しないとどうなるか

    出張先にて…今回2泊した宿で起こったことなんですが…。…

  3. あなたのビジネスが注目を集めるために必要なことは何か

    ビジネス・経営

    あなたのビジネスが注目を集めるために必要なことは何か

    早くも、5月の半ばです。最近「暑いですね」って会う人みんなに言…

  4. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

    ビジネス・経営

    新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

    「顧客獲得コスト」って、計測していますか?顧客獲得コスト。…

  5. 成果につながる行動計画の立て方 4つのポイント

    ビジネス・経営

    成果につながる行動計画の立て方 4つのポイント

    最近めちゃくちゃ忙しく、考えることが山積しています。考える…

  6. オファー以前の雑な売り込みを受けた件から考える「伝え方」

    ビジネス・経営

    オファー以前の雑な売り込みを受けた件から考える「伝え方」

    沖縄入りの前にこれを書いています。(※実際には2017年3月の話で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 経営者がビジネスの「仕組み化」を考え始めるとき

    ビジネス・経営

    経営者がビジネスの「仕組み化」を考え始めるとき
  2. 自分のビジネスについて伝えるエレベーターピッチを作ろう

    マーケティング・セールス

    自分のビジネスについて伝えるエレベーターピッチを作ろう
  3. 教室ビジネスにもマーケティングが必要

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスにもマーケティングが必要
  4. 店舗集客における戦略と戦術の重要性

    マーケティング・セールス

    店舗集客における戦略と戦術の重要性
  5. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング
PAGE TOP