情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

Webマーケティング

情報発信はしたいけれど、文章を書くのが苦手なあなたへ

あなたは、文章を書くのは得意ですか?

「苦手!」と答える人は実に多いです。

私は昔から文章を書くこと自体が苦にならないタチなので、
こうしてブログを書いたりするのは得意なほうです。

「よくあんな長文サラッと書けますね」
なんて言われることもしばしばです。

ただ、この「書く」ということに関して言うと
多くの人が勘違いしていることがあるんですね。

ことに、ビジネスにおいては…。

「文章力」は二の次!

いわゆる「文章力」や「表現力」が必要だと思っている人が多いんですが、

小説を書こうというわけではないので、
そんなのはいりません。

文を書くことについては苦を感じる方も多いでしょうが、
そこは「慣れ」で攻略です。

書き方がカンタンであること

あとは「小5にもわかるように書く」こと。

文章の構成に自信がない人は、テンプレートに当てはめて書くこと。

(たとえば、いちばん基本的なのは、”結論→理由→結論”の順番で書くこと)

これだけで言いたいことは伝わります。

言いたいことが伝われば、ビジネスはできます。

情報発信力を身につけることは、
あなたのサービスの売れ行きに直結します!

今はみんなスマホで読む時代

情報発信するときに工夫すべきポイントについて言うと、
「スマホ対応」は重要なキーワードです。

今は動画という手段もかなり普及してきましたが、

文章の重要性はこれからもずっと高いままでしょう。

しかし、その文章を読む手段が、
今はほぼみんなスマホであるということ。

これがポイントです。

特にこの文面の書き方などを見ればわかるかと思いますが、

一般的な文章のルールにも従っていない書き方がされていることも多いですよね?

やたら改行が多いし、
なんなら一文が終わっていないのに改行されてさらに1行空いてたり…。

PCから読んでいたらちょっと変に見えるでしょうが、

これはスマホで読むことを想定した結果こうなっているわけです。

スマホで読みやすいように文面の見せ方を工夫すると、
途端に内容も伝わりやすくなります。

これも、ブログだけでなくメールや
Facebook、Twitterでも使える手法ですね。

P.S.

ブログそのもののスマホ対応化については
こちらの記事をどうぞ!

悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例前のページ

自分のビジネスについて伝えるエレベーターピッチを作ろう次のページ自分のビジネスについて伝えるエレベーターピッチを作ろう

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする

    Webサイト集客

    サービス提供者の顔が見えるWebサイトにする

    最近はFacebookやTwitter、InstagramなどのSNS…

  2. アクセスを稼げば売上アップにつながるのか?

    Webサイト集客

    アクセスを稼げば売上アップにつながるのか?

    自社のWebサイトを作った場合、まずアクセスを集めることを考えると思い…

  3. デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイト集客

    デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  4. インターネットにも広告費をかけていますか?

    Webサイト集客

    インターネットにも広告費をかけていますか?

    「Webサイトを作ったけれど、全く売上につながらない」とお悩みの中小企…

  5. Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    Webマーケティング

    Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    ブログ記事を書くときの注意として、「1ページ1ゴール」ということを意識…

  6. 読みやすいブログ記事を書く5つのポイント

    Webマーケティング

    読みやすいブログ記事を書く5つのポイント

    ブログ記事を書くことは大事ですが、どんなに良いことが書いてある記事でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. あなたのビジネスの真の価値は相手に伝わっているか

    コミュニケーション

    あなたのビジネスの真の価値は相手に伝わっているか
  2. 忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である

    マインドセット

    忘れられるくらいなら嫌われるほうがまだ優秀である
  3. SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方

    SNS集客

    SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方
  4. SNSを使って本気で集客する場合の正しい考え方

    SNS集客

    SNSを使って本気で集客する場合の正しい考え方
  5. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要
PAGE TOP