Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/xs801253/neostranger.jp/public_html/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
リストマーケティング:超強力なビジネスの基本とは

未分類

リストマーケティング:超強力なビジネスの基本とは

最終更新: 2024.3.26

ビジネス成長の不変の法則

リストマーケティングの重要性

ビジネスを運営していく上で、お客さんや売上が増え続けることは基本的な目標です。
というか、普通にビジネスをやっているのにお客さんと売上が増え続けないというのであれば、何かが間違っていると考えるべきなんですね。

しかし、実際には年々成長を遂げている企業は限られています。
この現状を踏まえ、ビジネスを成功させるために絶対に理解しておくべきことがあります。

ビジネスを成功させるために一番大事なものは何か?と言い換えてもいいでしょう。
それは「リスト集め」、すなわちリストマーケティングの重要性です。

マーケティングの権威が語るリストの価値

マーケティングの世界において、ジェイ・エイブラハムやダン・ケネディのような権威も、顧客リストの重要性を強調しています。
彼らは「顧客リストがないビジネスは、そもそもビジネスではない」とまで言い切っています。

ビジネスを成功させるために何よりも大事なのに、ほとんどの経営者がやっていない、意識していない、なんなら知らない、というのがこのリストマーケティングというものなんですね。
そして実はこの考え方は、マーケティングの最先端の地アメリカだけでなく、日本でも古くから理解され、活用されていました。

江戸時代の商人から学ぶリストの価値

日本の歴史を遡ると、江戸時代の商人たちもリストマーケティングの重要性を認識していたことがわかっています。
火事が起きた際に、彼らは顧客帳簿(大福帳と呼ばれた)を何よりも先に持って逃げた、あるいは井戸に投げ込んで守ったという逸話が残っています。
当時はすべてが燃えやすい木造建造物ですから、火事そのものあるいは火事の延焼を防ぐのは不可能に近く、しばしば大規模な火災が起きました。

しかし店舗が燃えてしまっても、顧客の連絡先さえあれば商売を再開できます
これは、顧客リストというものがビジネスの根幹を成す、変わらない真理を示しています。
リストマーケティングは、時代を超えてビジネスを成功へと導く不変の法則かつ非常に強力な手段です。

※もっとも、当時は掛け売り(後払いシステム)が一般的だったため、もし大福帳を失うと売掛金の回収が困難になるという事情もありました。

全てはリスト集めのため

ビジネスがうまくいかない原因

リストさえあればビジネスはうまくいきますし、ビジネスがつぶれるということもないわけなんですが、現実の経営者はどんな状況かといえば、

  • 「商品が売れない」
  • 「SNSでの発信が売上げに結びつかない」
  • 「紹介からしか売れない」
  • 「新規顧客を獲得できない」
  • 「そもそも集客自体ができていない」

といったものがあります。
これらの問題の根底には、リストを集めていない、または集めたリストを有効活用できていないという現実があります。

リスト集めのための取り組み

経営者は新規顧客の獲得のために様々な手段を試みます。
広告の展開、SNSでの積極的な発信、テレビ出演、コラボレーション、異業種交流会への参加など、これら全てがリスト集めの一環です。
実のところ、世の中のマーケティング活動のほとんどはリスト集めを目的として行われています。

リストがあればビジネスが潰れることはない、とさえ言われるほど、リストマーケティングはビジネスにおいて極めて重要な要素です。
顧客リストは、単に連絡先を記録する以上の価値を持ちます。
それは、顧客との長期的な関係構築、信頼の獲得、さらには継続的な売り上げの源泉となり得るからです。

ビジネス=リストコントロール

経営者として、集客、マーケティング、セールスの重要性は誰しもが認識しています。
しかし、これら全ての活動の核心にあるのは、実は「リスト」の管理です。

集客からセールスまで:リストの役割

  • 集客とは、リストを収集すること。
  • マーケティングとは、収集したリストを活用して、顧客に適切なメッセージを伝えること。
  • セールスは、顧客に対して商品やサービスを提供し収益を生み出す、つまりリストを換金すること。
    端的に言えば、ビジネスの全てはリストをどうコントロールするかに集約されます。

リストの定義とその重要性

では、リストの定義とは一体なんであるかというと、一言で言えばお客さんの連絡先のことです。
たとえば住所、電話番号、メールアドレス、LINE公式アカウントへの登録などがそれに当たります。
これらの情報を持っていることで、事業者は顧客に直接連絡を取り、関係を深めることができます。

SNSフォロワーとリストの違い

SNSのフォロワーも一種のリストと捉えられがちですが、ここには重要な違いがあります。
SNSでのフォロー関係は、必ずしも事業者と顧客が直接的なコミュニケーションを取るためのものではありません。

たとえばあなたが単にSNSでフォローしてるだけの人からいきなりDMが来る、という状況を想定してみてください。
ちょっと気持ち悪いし、怖いし、身構えますよね。
これでは、有効なリストとは言えないでしょう。

事業者から個別に何かしらの連絡がいったとしても何ら不思議ではない、という関係を築いておくことが重要となってきます。

結論・関連記事

ビジネスにおけるリストマネジメントの重要性は計り知れません。
リストを通じて、顧客との関係を築き、信頼を深めることが、長期的なビジネス成功への鍵となります。
したがって、単なる連絡先の収集を超え、顧客との関係構築にリストを活用することの重要性を理解し、実践することが求められます。

  • リストマーケティングに最強なLINE
  • 他のSNS集客の考え方はこちらから
  • SNS集客の基本の考え方はこちらから

TikTok集客の考え方:やや特殊だが拡散性は最強前のページ

LINE公式アカウント集客の考え方:SNSとの最強の組み合わせ次のページ

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. デザインの美しいWebサイトの必要性

    未分類

    デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  2. ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    未分類

    ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

    あなたが書いたブログ記事を読んでもらえるかどうかは、タイトルで決まりま…

  3. SNS集客で認知度アップしたい場合の正しい考え方

    未分類

    Facebook集客の考え方:関係性の強化

    Facebook集客の強みと弱みあなたはFacebookは活用して…

  4. 未分類

    SNSを使ったビジネス戦略:正しい媒体の選び方

    SNS活用の目的とは現代のビジネスや教育の世界では、SNSを活用し…

  5. 未分類

    SNSマーケティング:売れる媒体と広げる媒体の正しい使い分け

    SNS媒体ごとのタイプ分け現代のビジネスにおいて、SNSの活用は避…

  6. Webサイトの成約率をアップするための重要な原則

    未分類

    Webサイトの成約率をアップするための重要な原則

    「売上を上げる」ことができるWebサイトには、「買いたくなる仕組み」が…

Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき
  2. ビジネスとは問題解決である - あなたのビジネスの根本的価値を見つめ直す

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 未分類

    Instagram集客の考え方:インスタ集客は難しい?
  2. セールス

    顧客を救うセールス ~信頼される営業の在り方~
  3. 地域密着型を謳う社長が地方都市の衰退を引き起こす矛盾

    マインドセット

    地域密着型を謳う社長が地方都市の衰退を引き起こす矛盾
  4. ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?

    未分類

    ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?
  5. 機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性

    マーケティング

    機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性
PAGE TOP