ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?

Webマーケティング

ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?

ブログに記事を書く最大の目的は、WEB検索で“発見される”ようになるためです。

記事のタイトルと本文に検索キーワードを含めれば、1ページ1ページが検索ターゲットになります。
数多くの記事を書けば、その分だけ検索ターゲットが増加するので、当然、見つけられやすくなります。

また、この時に気をつけたいのが、記事の文量と更新回数です。
どの程度にするのが望ましいのでしょうか?

ブログに書く記事の文字数は?

記事の文量は、500字以上、2,000字程度までが理想です。
文量は少なすぎても、多すぎてもよくないと言えます。

この背景にあるのは「SEO対策」です。

検索エンジンは1ページあたりに含まれる文字数によって、そのWEBページの情報量やコンテンツの質を評価しています。

SEO対策に最適な文量というのは存在していません。

文量が多くないからといって、質の悪いWEBページとは言えません。

例を挙げると、天気予報や地震速報などは、文量が最低限でも役立つコンテンツです。
ただし、文字数が多くなればなるほど、ページに含まれるキーワードの数は多くなるということは言えます。
すると、おのずとSEOにも効果が出てきます。

SEO対策のことを考えると、明確に文字数は多いほうがよいです。
最低限の文量として、500文字以上は欲しいところです。

では、文量をできるだけ多くすればいいのかというとそうでもありません。

文量が多くなってしまうと、どうしても記事の内容にブレがでてきます。

1つの記事に複数のネタが含まれていると、結局何が言いたいのかわからなくなってしまいます。

すると、検索対象としては不適切になる可能性があります。

ですので、上限としては2,000文字程度が目安です。
これくらいの文量ならば、読む方も読みやすくなります。

ブログの更新頻度は?

更新回数は、できるだけ数多く更新するのが理想です。
毎日1記事は書きたいところです。

理由はもちろん、記事数を増やすためです。

週に1回しか書かないのと、毎日書いているのとでは、記事の増え方が全く差が出てきます。

どちらも1年間続けたとしたら、週1の場合は52記事、毎日の場合は365記事です。
どちらが検索で見つけられやすいかは明白ですね。

「毎日なんて書くネタがないです!」
という声が聞こえてきそうですが、記事に書くネタは、検索キーワードから逆算して決めます。

前の記事でお伝えしたとおり、Googleのキーワードプランナーであなたのビジネスに関連したキーワードを調べれば、多数のキーワード候補が見つかります。

特に、いま話題になっているキーワードで記事を書くようにすれば、より検索で見つけられやすくなります。

自分の頭のなかで考えてキーワードを決めると、市場のニーズとはどうしてもズレが生じてしまいます。

ちゃんと調べてキーワードを決めるのが基本です。

ですが、実のところは、どのキーワードで書いた記事がヒットするのかはわかりません。
ですから、できるだけたくさんの記事を書いて、どれかがヒットするのを目指すのです。

早く成果を出したければ毎日書きましょう。

続けていけば、それが“資産”になっていきます。
ちゃんと“見つけられる”ようになるまでは、毎日がんばって記事を増やしていきましょう!

Web集客におけるGoogleキーワードプランナーの使い方Web集客におけるGoogleキーワードプランナーの使い方前のページ

ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て次のページブログ記事が読まれるかどうかはタイトルが全て

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選

    Webマーケティング

    ブログ記事をたくさん書くためのコツ3選

    ブログ記事はたくさん書いて、一定の分量を確保することが、Web検索で“…

  2. デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイト集客

    デザインの美しいWebサイトの必要性

    Webサイトで集客が上手くいかない場合、デザインがよくないからだ、と思…

  3. SNS集客をするときにまず考えるべきたった1つのこと

    SNS集客

    SNS集客をするときにまず考えるべきたった1つのこと

    あなたはFacebookは活用していますか?ブームがLINEや…

  4. Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    Webマーケティング

    Web集客でブログ記事を書くときは要点を1つだけに絞る

    ブログ記事を書くときの注意として、「1ページ1ゴール」ということを意識…

  5. 少ない予算でWeb集客をしたいならSNSを活用する

    SNS集客

    少ない予算でWeb集客をしたいならSNSを活用する

    「少ない予算で集客したい」小さな会社の経営者であれば一度はこう…

  6. ブログのテーマはターゲットと専門性の絞り込みが重要

    Webマーケティング

    ブログのテーマはターゲットと専門性の絞り込みが重要

    ブログによる集客を考える場合、テーマ設定が非常に大事な要素となってきま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告

    マーケティング・セールス

    売れる広告を作るために知っておくべき2種類の広告
  2. インターネットを使えば売れないものも売れる?

    Webサイト集客

    インターネットを使えば売れないものも売れる?
  3. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要
  4. アナと雪の女王エンディング問題に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    アナと雪の女王エンディング問題に学ぶマーケティング
  5. 機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性

    マーケティングのヒント

    機内Wi-Fiに思う、サービスの利便性
PAGE TOP