エイプリルフールに学ぶマーケティング

マーケティングのヒント

エイプリルフールに学ぶマーケティング

今年もエイプリルフールがやってきます。

ネット上を中心にみんなが
「楽しいウソ」
を求めて盛り上がる時代になりました。

数年前から大企業が参入し始めましたが、
そのあたりで

エイプリルフールマーケティングも飽和状態って感じですね。

もちろん、世間が注目するネタがある限り、
販促ネタに使えますが。

もはや、エイプリルフールネタはつまらない

エイプリルフールのウソと言えば、

・人を傷つけない
・楽しい気持ちになるような

というガイドライン(?)を守ってやるものですよね。

でも、今やみんながみんなそういう
「楽しいウソ」を
こぞって発表するわけですよ。

…目立たないですよね。

要は、横並びじゃないですか。

となってくると、

思い切って悪質なウソをついたほうが目立つわけですよ。

だったら炎上してしまおう

去年(2016年)の例で言うと、
「映画.com」のネタが良かったです。

「オデッセイ」という映画のキャッチコピー

「70億人が彼の還りを待っている」
をもじったものなんですが。

たとえば、

・ふなっしー
「70億人が彼の梨汁を待っている。」

・貞子
「70億人が彼女の呪いを待っている。」

というあたりはまだカワイイもので、

・トランプ大統領
「70億人が彼の落選を願っている。」
※当時はまだ米国大統領候補でした

・乙武洋匡
「70億人が彼の絶倫にびっくりぽん。」
※当時、5人の女性との不倫が発覚

ここらへんで炎上し、
あとで謝罪してましたが…

しかし、一部からは大いに支持を得ました。

一部の人に強烈にウケろ!!

でも、われわれ中小企業のビジネスの基本は
「ニッチを狙え!」です。

大衆受けを狙うのではなく、
一部のコアなメッセージが響くファンを獲得しにいく。

であれば、
「みんながやっていること」の逆をいく、

「逆張り」戦略を取るほうが
いいわけですよね。

あなたの業界でみんなが横並びでやっている

「常識的」な行動って、何かありませんか?

エイプリルフールまであと数日。

逆張りの発想をなにか考えてみてください。

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. 基本ができていないマーケティングは効果なし

    マーケティング・セールス

    基本ができていないマーケティングは効果なし

    先日、東京においてマーケティングの大型セミナーがあり、ガッツリ学ん…

  2. 自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

    マーケティング・セールス

    自店舗のWebサイト・ホームページを持つ重要性

    「ネット集客」といえばまず思いつくのは「店舗のホームページ」でしょう。…

  3. 何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    マーケティング・セールス

    何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    「営業」つまり「売る」ことが難しいと感じることは多いですよね?…

  4. ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    マーケティングのヒント

    ドラマ「逃げ恥」に学ぶマーケティング

    2016年10月〜12月のクールにおいて人気ドラマと言えば「逃げ恥」で…

  5. 葬儀屋のマーケティング

    マーケティング・セールス

    葬儀屋のマーケティング手法から学べること

    とある葬儀に際してマーケティング的観点から考えたことですが……

  6. あなたが集客したい理想のお客さんを決める方法

    マーケティング・セールス

    あなたが集客したい理想のお客さんを決める方法

    ブログ集客では「テーマを一つに決める」ということが大切です。あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要

    マーケティング・セールス

    最新事例に食いつく前に、集客の仕組み化が必要
  2. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    コミュニケーション

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2
  3. 何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?

    マーケティング・セールス

    何を買うかより、誰から買うかのほうが重要か?
  4. 個人ビジネス・中小企業がWebサイトを持つ目的とは

    Webサイト集客

    個人ビジネス・中小企業がWebサイトを持つ目的とは
  5. SNSを使って本気で集客する場合の正しい考え方

    SNS集客

    SNSを使って本気で集客する場合の正しい考え方
PAGE TOP