一度に一つのメッセージだけを明確に伝える

ビジネス・経営

一度に一つのメッセージだけを明確に伝える

マーケティングの大型セミナーにて…

今回は新たなことを学ぶ・考えるというよりは、

本当に大事なことのおさらいといった感じの学びが多かったです。

いろんな話を聞きましたが、
いろいろな人の話を聴き比べた中で思うこと。

やはり何かを明確に伝えようとするときに、

「結論→説明(理由)→再度結論」

という、論説の基本形を守ることは重要ですね。

一定時間の講演があったとしたら、
全体でも必ずやるべきですし、
構成するパーツごとでも同様です。

結論「これから①・②・③について話します」

説明「①は…/②は…/③は…」

結論「というわけで①・②・③です」

という感じです。

これを言わないまま話し始めると、
いま話がどこにあるのかが不明ですし、

聞いている側にも何も残らないということになりかねません。

これを読んでいるあなたであれば、
お客に対して何かを説明する機会が何かしらあるんじゃないでしょうか?

経営者である限り、何かを売るには必ず
「メッセージを伝える」
ということを考える必要があります。

説明する内容が多くても、基本は
「一つのメッセージを明確に伝える」
ということの積み重ねです。

ぜひ、心がけてみてください!

1メッセージの「記事」を書く方法

要は伝える手段が喋りであれ文章であれ、
一度に一つのメッセージを伝えるのがベストだということです。

これを意識するだけで、
例えば意味のよくわからないメールを書いたりする可能性が劇的に減ります。

メッセージを伝える練習は、
経営者である限りとても大事なことです。

我々は売り手ですからね。

以下の記事はブログ記事の書き方、という体で書いてますが、

SNSの投稿やメールにも応用できます。

ブログ記事の書き方↓↓

基本ができていないマーケティングは効果なし基本ができていないマーケティングは効果なし前のページ

バレンタインデーに学ぶマーケティング次のページバレンタインデーに学ぶマーケティング

ピックアップ記事

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

関連記事

  1. ゴールデンウィークに考えるマーケティング・経営計画

    ビジネス・経営

    ゴールデンウィークに考えるマーケティング・経営計画

    長期連休(ゴールデンウィーク期間)に突入していますが、いかがお過ご…

  2. お客が来なくなったときに打つ対策を考えているか

    ビジネス・経営

    お客が来なくなったときに打つ対策を考えているか

    先々月の話になりますが、日本一の高さを誇る観覧車に乗ってきました。…

  3. 悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    コミュニケーション

    悪気なく失礼な名刺交換をしている経営者の実例Part.2

    衝撃的なモノを見ました。名刺といえば長方形と相場が決まってます…

  4. 事業者側の"当たり前"を客に説明しないとどうなるか

    コミュニケーション

    事業者側の”当たり前”を客に説明しないとどうなるか

    出張先にて…今回2泊した宿で起こったことなんですが…。…

  5. あなたの業界の不都合な真実を利用したマーケティング

    ビジネス・経営

    あなたの業界の不都合な真実を利用したマーケティング

    突然ですが、焼き鳥屋さんは好きですか?先日、実力のある焼き鳥屋…

  6. 異業種交流会を活用して売上につなげるために必要な考え方

    コミュニケーション

    異業種交流会を活用して売上につなげるために必要な考え方

    那覇から大阪へ戻ろうかというところでこれを書いています。今回は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


Pick Up

  1. 新規顧客の獲得コストは必ず計測するべき

Special Feature

  1. 登録されている記事はございません。
  1. ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?

    Webマーケティング

    ブログ記事を書くときに最適な文字数と更新回数は?
  2. 成功には理由がある〜仕組みと仕掛け〜

    ビジネス・経営

    成功には理由がある〜仕組みと仕掛け〜
  3. "USP"の本当の意味と感情的ベネフィットを考える

    マーケティング・セールス

    “USP”の本当の意味と感情的ベネフィットを考える
  4. Web集客におけるGoogleキーワードプランナーの使い方

    Webマーケティング

    Web集客におけるGoogleキーワードプランナーの使い方
  5. 教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける

    マーケティング・セールス

    教室ビジネスのWebサイトでは最新情報を発信し続ける
PAGE TOP